パソコンモニタに見る、汎用品の行く末

0

    こんにちわ。北星商事IT担当です。

    先日、デスクトップPCのディスプレイが壊れてしまいました。

    落雷の影響?または経年劣化なのでしょうか。

    マウスは残像だらけ、画面には無数の横線が入り、買い換えることに。

     

     

    新たに購入したのはLGの23インチディスプレイですが、

    差別化の難しいパソコンモニタ。

    価格は1万円ほどで十分な画質のモニターを導入しました。

     

     

     

    多くの製品が普及の拡大とともに進むのが価格競争。

    ディスプレイも差別化が難しい家電の一つです。

    下記画像は価格.comの売れ筋商品の価格推移ですが。

     

    もともと最安値が4万円台だったものが、今年の6月に一気に半値に下落。

    8月には7千円台に下落。

    原因はおそらく、新型モデルの発表による価値低下か、同スペック他商品の値下げに引っ張られたかでしょう。

     

    消費者に取ってはいいものが安く買えるのはありがたいことですが、

    供給側からすると体力勝負の消耗戦になりかねず、こちらも商売を行っている身としては嬉しいやら悲しいやら。。

     

    改めてどんな商売でも、差別化、付加価値のために頭に汗をかかなければな、と思った次第です。

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM